FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メーカー決定②

②設備以外の構造等について

これははっきりいって自分にはよくわからない事が多かったです。
一応自分なりの判断基準書いておきます。

外壁、これは各社同じものだったので特に判断基準にはなりませんでした。
ローコストメーカーだとサイディングがスタンダードみたいですね。
サイディング自体はコストを抑えながら性能も悪くないみたいです。
弱点は見た目が安っぽくなりがちなところ。

キャンペーン中ということで泉北ホームのみ光触媒、コーキングの寿命が通常の10年程度から30年程度に伸びている。
自分としてはオマケ程度かな?
光触媒でなくとも雨で汚れが流れるやつで充分だと思うし、そもそも日当たり悪い所ってどうなんでしょ?
コーキングはたしかに長持ちに越した事はないです。
でももし隙間が出来て水が入っても通気されているはずで更に防水シートで包んであるはず。
コーキングに関しては差額15万程度で出来るようです。


断熱材は各社違いが出ました。
寒冷地ではないのでそこまで拘る必要は無いかな、というのが個人的意見ですがやはり良い方がいいですよね。光熱費に影響が出ますし。
グラスウールに関してはどうしても施工後垂れ下がってくるようです。
ここで注目したいのが初期性能の維持。
何十年も住むので断熱に重きを置く方はそのあたり気を付けた方がよいでしょう。
断熱材は種類によって結構金額に差が出るみたいですね。
また厚みでも断熱性能と金額に差が出るようです。
防音性能を気にする場合、断熱材の吸音性能も含めて検討して下さい。


ここまでは金額も調べやすく性能も判断しやすいかと思います。



工法については少し調べればいくらでも出てきます。
また、出てくる内容はほぼ同じです。気になった点として在来工法は自由度が高いとなっていますが言い換えるとコスト削減しやすいと言えるようです。
在来工法に限りませんが、どんな建材を使用しているか、また建設現場で本当にその建材を使用しているか等の確認をした方がいいようです。
第三者管理を使ってのチェックも有効かと思います。
ローコストメーカーで他と比べて極端に安い場合、材料も多く使用する場所なので構造でのコストダウンに着目すると良いのではないでしょうか。

ツーバイフォーの気になった点は日本での実績が少ない事です。
アメリカから渡ってきた工法なので果たして高温多湿な土地ではどうなのか?
壁内の通気を良くしたりして対応しているようですが、実績を重視する方はポイントになるでしょう。



基礎について、コストと強度は比例するようです。
やはり土台がしっかりしてる方がいいですよね。
使用している鉄筋量と現場でのコンクリート強度の確認がポイントになるのではないでしょうか。
家を建てるのは分業制なので基礎は基礎で別業者が行います。
コンクリートを水で薄めるとそれだけ強度が落ちますがコストは下がります。
釘なんかも近くのホームセンターで買ってきて…なんてケースもあるそうです。
メーカーが各業者にどのような対策をとっているか聞いてみるのも1つだと思います。
ちなみに自分が聞いた内容を紹介すると、釘は全て支給しているとか欠陥があった場合はペナルティを設けていてペナルティが一定量に達すると取引停止にするといったものでした。


最低限ですが調べてみた内容はこんな感じです。
書ききれていないものも多々ありますがある程度は伝わったのではないでしょうか?
参考になれば幸いです。



 ↓ 少しでも参考になったと思ったらクリックお願いします
にほんブログ村 住まいブログへ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私のブログに訪問いただきありがとうございます。
ちょっと離れた土地ではありますが、私も注文住宅をこれから建てます。先週契約をしたところです。注文住宅を検討するにあたって、私自信もササワーさんと同じように色々調べたり、考えながら進めたので少しずつブログアップしていこうと思っています。

お互い素敵な家を建てましょう!

No title

初めまして
コメントありがとうございます

ご契約おめでとうございます
しかしここからがまた大変そうですよね
ブログちょくちょく拝見させてもらいます
更新頑張ってください
プロフィール

ササワー

Author:ササワー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
何人
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
8977位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
1528位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。