スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラウンド

今回、オプションでサラウンドの配管を入れてもらっています。
やっぱり配線はスッキリさせたいですよね。
フロントはまぁよしとして問題はリアスピーカー。
で、調べてみるとスッキリにも手段が複数ありますね。

■その1
トールマンを立て、配線は後方の壁から繋ぐ。

メリット
臨場感の再現性が高い。

デメリット
床置きになるので邪魔になる。

■その2
後方の壁にスピーカー用の棚を設ける。

メリット
臨場感の再現性が高い。

デメリット
見た目がかっこ悪くなりそう&微妙に邪魔になりそう。

■その3
天井から吊り下げる。

サラウンド つり下げ


メリット
結構スッキリ。

デメリット
臨場感の再現性は落ちると思われる。

■その4
天井に埋め込む。

メリット
一番すっきり。

デメリット
上階への音漏れが気になる。
サラウンドの臨場感が再現出来るか疑問。


その1は折角配線を壁の中に通しても床置きだとあまりスッキリしないなぁ。

その2はデメリットがかなりネックなので選択肢から消去。

その3は映画館でも吊り下げてるしそこまで拘らなければ臨場感は大丈夫そうな気がする。

その4のデメリットである音漏れは対応スピーカーがあるようですがレビューがみつかりません。
再現性もどこまでいけるのか不明。


というわけで吊り下げ式が今のとこ有力です。

アドバイスあればコメント頂けたらうれしいです。


 ↓ 応援お願いします
にほんブログ村 住まいブログへ 
スポンサーサイト

メーカー決定②

②設備以外の構造等について

これははっきりいって自分にはよくわからない事が多かったです。
一応自分なりの判断基準書いておきます。

外壁、これは各社同じものだったので特に判断基準にはなりませんでした。
ローコストメーカーだとサイディングがスタンダードみたいですね。
サイディング自体はコストを抑えながら性能も悪くないみたいです。
弱点は見た目が安っぽくなりがちなところ。

キャンペーン中ということで泉北ホームのみ光触媒、コーキングの寿命が通常の10年程度から30年程度に伸びている。
自分としてはオマケ程度かな?
光触媒でなくとも雨で汚れが流れるやつで充分だと思うし、そもそも日当たり悪い所ってどうなんでしょ?
コーキングはたしかに長持ちに越した事はないです。
でももし隙間が出来て水が入っても通気されているはずで更に防水シートで包んであるはず。
コーキングに関しては差額15万程度で出来るようです。


断熱材は各社違いが出ました。
寒冷地ではないのでそこまで拘る必要は無いかな、というのが個人的意見ですがやはり良い方がいいですよね。光熱費に影響が出ますし。
グラスウールに関してはどうしても施工後垂れ下がってくるようです。
ここで注目したいのが初期性能の維持。
何十年も住むので断熱に重きを置く方はそのあたり気を付けた方がよいでしょう。
断熱材は種類によって結構金額に差が出るみたいですね。
また厚みでも断熱性能と金額に差が出るようです。
防音性能を気にする場合、断熱材の吸音性能も含めて検討して下さい。


ここまでは金額も調べやすく性能も判断しやすいかと思います。



工法については少し調べればいくらでも出てきます。
また、出てくる内容はほぼ同じです。気になった点として在来工法は自由度が高いとなっていますが言い換えるとコスト削減しやすいと言えるようです。
在来工法に限りませんが、どんな建材を使用しているか、また建設現場で本当にその建材を使用しているか等の確認をした方がいいようです。
第三者管理を使ってのチェックも有効かと思います。
ローコストメーカーで他と比べて極端に安い場合、材料も多く使用する場所なので構造でのコストダウンに着目すると良いのではないでしょうか。

ツーバイフォーの気になった点は日本での実績が少ない事です。
アメリカから渡ってきた工法なので果たして高温多湿な土地ではどうなのか?
壁内の通気を良くしたりして対応しているようですが、実績を重視する方はポイントになるでしょう。



基礎について、コストと強度は比例するようです。
やはり土台がしっかりしてる方がいいですよね。
使用している鉄筋量と現場でのコンクリート強度の確認がポイントになるのではないでしょうか。
家を建てるのは分業制なので基礎は基礎で別業者が行います。
コンクリートを水で薄めるとそれだけ強度が落ちますがコストは下がります。
釘なんかも近くのホームセンターで買ってきて…なんてケースもあるそうです。
メーカーが各業者にどのような対策をとっているか聞いてみるのも1つだと思います。
ちなみに自分が聞いた内容を紹介すると、釘は全て支給しているとか欠陥があった場合はペナルティを設けていてペナルティが一定量に達すると取引停止にするといったものでした。


最低限ですが調べてみた内容はこんな感じです。
書ききれていないものも多々ありますがある程度は伝わったのではないでしょうか?
参考になれば幸いです。



 ↓ 少しでも参考になったと思ったらクリックお願いします
にほんブログ村 住まいブログへ 

メーカー決定①

お願いするメーカー決めました。
泉北ホームです。

ブログに書いていないだけで各社数回来店しましたがその内容は割愛します。ただし、考察という形で既にアップしてたり今後もアップする予定です。

さてビルダー選びにあたって決め手になったのは?
ひと言で言うと、営業さんと家の仕様の両方が気に入ったから。

営業さん選びは以前アップした通りですのでここでは自分の場合、家の仕様に対しどういう基準で考えたかを書いていきます。

①設備のコストを算出
風呂、キッチン、玄関ドア、床材、建具、窓とサッシ、トイレ、洗面台、インターホン等の家に必ず必要な設備の定価価格を調べる。
その他靴箱など各社標準でついてたりついてなかったりするものを自分で用意した場合の予想価格を調べる。
お風呂等は通常プランに既にオプションが盛り込んであるものから選べたりするので定価もわかりにくかったりしますけどね…。

この時点で各社の色が見えてきます。
見積りが安いところは誰しもが満足出来るわけではないがその会社の建売よりは明らかに上のグレードとなっているようです。

また、大まかな設備の価格差が分かるとともに、設備自体の差も見えてきます。
具体的には玄関ドアの断熱性能や、トイレの節水度合いの違い等です。

設備のグレードによる違いは使い勝手や満足感に関わってくるため、具体的なイメージがつきやすいので自分の求める方向性にあっているかが見えてきます。

この時に実物を確認することをお勧めします。
実物をみたら意外とチープだったということもありました。

自分の場合、元々土地付きを買うつもりだったので予算的に余裕があったのと値段は上がりますが設備のグレードアップに価値を感じました。

結果的に一番見積りの高い泉北ホームを選びました。

人によっては泉北ホームの設備は充分過ぎるからもう少し低いグレードの設備を採用しているメーカーを選ぼうという選択肢が出てくると思います。

個人的な感想としてはタマホームは必要充分、泉北ホームは少し贅沢というところでしょうか。


長くなったので続きは別の機会に書きます…


 ↓ よければクリックして下さい
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 
一戸建て ブログランキングへ

営業さんの主張が人によって180度違う

営業さんによって主張が全く異なる場合があります。

床暖房を例にだします。
A社はホコリがまわないし絶対あったほうがよい。
B社は断熱性能が優れていてエアコンがすぐきくので必要ない。

それぞれ必要かそうでないか個々の主張が入っていますよね。
会社の方針にしたがった主張をされたり営業さんの個人的意見だったり思惑は様々でしょう。

メリット、デメリットを説明し、こちらの生活スタイルを確認した上で必要かどうか意見を言ってくれる営業さんがベストではないでしょうか。
ある程度は上記のような営業さんもいますがやはり人間、その人の主観は入ってくるものです。

自分はしっかりメリット、デメリットを確認し生活スタイルに当てはめてみるようにしています。
また、自分の生活スタイルを伝えて意見を求める様にしています。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 

一戸建て ブログランキングへ ← クリックお願いします

最後の一押し

営業さんは商談の中で最後の一押しをしてきます。

メーカー選定で迷っているお客。
高い買い物なので決断できずにいるお客。
そういうお客には今ならキャンペーンでこれがついてきます。
とか、時期的に契約が少ないのでお値引きがんばりますとか。

確かに考えていたオプションが無料になればお得です。
設備が少し豪華な仕様になるならお得です。
値引きも多い方がお得です。

今契約しないと損するというような気持ちにさせます。

でも決して損ではありません。

急ぎでなければですが、キャンペーンにしても値引きにしても納得行くタイミングを見極めればいいと思います。

営業さんが本当にこちらが喜ぶと思って言ってくれてるのか契約を取りたいだけなのか今一度考えてから契約するようにして下さい。

自分も複数のキャンペーン攻撃(金額にして100万程)にあって心が揺れました。
いずれにせよ後悔のないようにしようと思います。

みなさんも後悔のないようにして下さいね。
不安があるなら最後の一押しに負けず、不安を取り除いてから契約して下さい。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 ← クリックお願いします

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 ← クリックお願いします
プロフィール

ササワー

Author:ササワー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
何人
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
19320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
2694位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。